アクセンチュアのセグメント別・地域別売上推移

アクセンチュアのビジネスセグメント別・地域別の売上推移です。2015年以降の売上高をアクセンチュア社のアニュアルレポートから抜粋しています。

 

アクセンチュアのセグメント別売上推移

アクセンチュアの2019年の売上高は$43,015Mですが、その中でも最も売上高が大きいのが、製造・流通部門($12,005 M)で全体の約28%を占めます。次いで通信・メディア・ハイテク部門($8,757M)が全体の約20%を占めています。

金融サービス部門とその他の事業を除く全ての事業セグメントで、対前年比増収を達成しています。

なお、各事業部門の説明に関しては、下記リンクにて簡単にまとめてますので合わせて参考にしてください。

通信・メディア・ハイテク本部

素材・エネルギー本部

金融サービス本部

公共サービス・医療健康本部

製造・流通本部

 

 

アクセンチュアの地域別売上推移

→地域別では北米が全体の約46%・欧州が約34%と、北米・欧州で全体の8割を占めています。日本含めたグロース市場は全体の2割程度です。

 

 

◎関連記事

アクセンチュアの過去10年間の売上推移

 

 


 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top