アクセンチュアの過去10年間の売上推移

アイルランドに本社を持つ総合コンサルティング企業、アクセンチュア(Accenture社)の直近10年間の売上推移です。

日本円での売上高は各年の年末時点での為替レートを利用して計算しています。

 

 

アクセンチュアの売上推移

下記が直近10年間の現地通貨ベースでの売上推移です。

→2019年の売上高が$43,015Mで、2010年が$23,094Mなので、単純に計算してこの10年間で約1.87倍の売上増です。また、ここ10年間連続で対前年比売上高増で、継続成長できているという点も特徴かと思います。

 

 

アクセンチュアの売上推移(日本円ベース)

下記が直近10年間の日本円ベースでの売上推移です。

→2019年の日本円での売上高は約4.7兆円です。10年前の売上高が約1.9兆円ですので、日本円ベースでは2.47倍の売上増です。2019年に比べると2010年は約-30円程の円高だったので、為替の影響も考えられます。

 

◎関連記事

アクセンチュア VS アビーム 非会計系、総合ファーム2社の比較

アクセンチュアの業績を5つの経営指標で分析

 

◎関連書籍


最新コンサルティング業界大研究【第7版】 (業界大研究シリーズ)

 


コンサル一年目が学ぶこと

 

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top