Tesla(テスラ)の業績推移と最新決算情報

北米の自動車企業Tesla(テスラ)社の業績情報です。

直近のアニュアルレポート(年次決算報告書)の財務内容に基づいて、売上高・利益・流動性・資産回転率をまとめました。

 

企業概要

項目
設立年 2003年
本社 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
従業員数 約45,000
日本オフィス 東京都港区南青山2丁目23−8

業績推移

テスラ社の直近の業績推移です。

項目としては、売上高、利益、当座比率、資産回転率です。

売上高推移(日本円)

 

売上高・利益

当座比率・資産回転率

 

直近の決算情報

2020年Q4販売実績

テスラ社の2020年Q4の自動車販売台数の実績です。

2020年Q4 2019年Q4 増減率
Model S/X 19,450 18,920 2.8%
Model 3/Y 161,650 92,550 74.7%
総計 180,570 112,000 61.2%

テスラの新型EV車Model Yの計上により、今期は昨年同月比+61.2%と好調に推移しています。

 

2020年Q3決算情報

2020年 Q3 2019年 Q3 増減率
売上高 $8,771 $6,303 39%
営業利益  $809 $261 201%
利益  $331 $143 131%

テスラの2020年Q3の営業利益率は9.2%まで改善しており(昨年同期は4.1%)、売上成長率・利益率共に好調に推移しています。

テスラは売上の86%を自動車で稼いでいますが、第二・三の柱として、エネルギー発電事業やソフトウェア事業も展開していて、もはやインフラ企業としての側面が強くなってきています。

今後が楽しみな企業の1つです。

原文はこちら

 

◎関連記事

自動車業界12社の過去10年間の売上高推移を比較

テスラの過去10年間の売上推移

 

◎関連書籍

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top