Hyundai(ヒュンダイ)の業績を5つの経営指標で分析

韓国最大の自動車企業Hyundai(ヒュンダイ・現代自動車)社の業績評価です。

直近のアニュアルレポート(年次決算報告書)の財務内容に基づいて、5つの経営指標を10点満点で評価しています。

全企業の平均点数が「5点」となるよう基準値を設定し、その基準値に対する差で点数を付けています。

ちょっとした偏差値みたいなものなのですが、企業研究の参考用として活用してもらえればと思います。。

目次

企業概要

項目
企業名
現代自動車
設立年
1967年
本社
韓国 ソウル
従業員数
約104,731
日本オフィス
東京都港区赤坂1丁目11−3

業績推移

まずは直近の業績推移から見ていきましょう!

項目としては、売上高、利益、当座比率、資産回転率です。

-売上高推移(日本円)
-売上高・利益
-当座比率・資産回転率

評価結果

それでは5つの経営指標それぞれの評価結果を見ていきましょう!

-指標1:企業規模(売上高)

企業規模は企業の直近の「売上高(日本円ベース)」を基準値と比較して試算しています。

現代自動車の2019年における売上高は、基準値の2.5兆円に対して「約10.1兆円」でした。

その結果2019年における企業規模は「8.05点/10点」と評価しています。

0
-指標2:成長性(4年売上成長率)
0

成長性は企業の直近4年間の「平均売上高成長率(CAGR)」を基準値と比較して試算しています。

現代自動車の2016年-2019年における平均売上高成長率は、基準値の6%に対して「4.13%」でした。

その結果2019年における成長性は「4.25点/10点」の評価となりました。

-指標3:収益性(利益率)
0

収益性は企業の直近4年間の「純利益率」を基準値と比較して試算しています。

現代自動車の2016年-2019年における平均純利益率は、基準値の8.5%に対して「3.88%」でした。

その結果2019年における収益性は「3.15点/10点」の評価となりました。

-指標4:安定性(当座比率)
0

安定性は企業の「当座比率」を基準値を比較して試算しています。

現代自動車の2016年-2019年における平均当座比率は、基準値の0.7に対して「1.34」でした。

その結果2019年における安定性は「6.49点/10点」の評価となりました。

-指標5:生産性(総資産回転率)
0

生産性は企業の直近4年間の「総資産回転率」を基準値と比較して試算しています。

現代自動車の2016年-2019年における平均総資産回転率は、基準値の0.65に対して「0.54」でした。

その結果2019年における生産性は「4.12点/10点」の評価となりました。

-総合評価
0

総合得点は5つの指標の平均点数で試算しています。 

その結果現代自動車の平均得点は「5.21点/10点」の評価となりました。

【他社との比較】

【関連業界のニュース】

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top