スターバックスの業績推移と最新決算情報

アメリカのワシントン州に本社を持つ外食チェーンのStarbucks(スターバックス)社の業績情報です。

1971年に北米で設立されてから、北米を中心に店舗展開が進み、1996年に東京の銀座店に国内第一号店をオープンさせました。

その後国内でも出店数は順調に増え、2019年時点では1,379店舗にまで増加。2019年単体での新規出店数は93店舗と出店数はまだまだ増えている状況にあります。

なお蛇足ですが、スターバックスはお店の看板で見かける緑のロゴが印象的ですが、あれはギリシャ神話に登場する人魚らしいです。

 

 

企業概要

項目
設立年 1971年
本社 アメリカ合衆国 ワシントン州
従業員数 約291,000
日本オフィス 東京都品川区上大崎2丁目25−2

 

業績推移

下記がスターバックス社の直近の業績情報です。

 

売上高推移(日本円)

 

売上高・利益

 

当座比率・資産回転率

 

直近の決算情報

同社の直近の決算情報です。

2021年Q1の決算情報

2020年12月末日までの3か月間の業績です。

※単位:$Million 2021年Q1 2020年Q1 増減率
売上高 $6,749 $7,097 -5%
営業利益 $913 $1,219 -25%
利益 $622 $885 -30%

原文はこちら

 

◎関連記事

Yum! Brands(ヤム・ブランズ)を5つの経営指標で分析 競合比較や業績推移

 

◎関連書籍

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top