General Dynamics(ゼネラルダイナミクス)の業績推移と決算情報

アメリカのバージニア州に本社を持つ軍需製品メーカーのGeneral Dynamics(ゼネラルダイナミックス)社の業績評価です。

ゼネラルダイナミクスの売上は全体の8割を北米が占めています。

事業内容としてはAerospace(宇宙航空)、Combat System(戦車)、Information Technology(防衛情報システム)、Marine System(潜水艦システム)、Mission System(C4ISR向けシステム)の4つのビジネスセグメントで構成されています。

 

企業概要

項目
設立年 1952年
本社 アメリカ合衆国 バージニア州
従業員数 約102,900
日本オフィス

日本オフィスの情報は得られませんでした。

 

業績推移

直近のアニュアルレポート(年次決算報告書)より、売上高・利益・流動性・資産回転率をまとめています。

売上高(日本円)は各年年末時点での為替レートに基づいて計算しています。

 

売上高推移(日本円)

 

売上高・利益

 

当座比率・資産回転率

 

直近の決算情報

同社の直近の決算情報です。

2020年Q4の決算情報

2020年12月末日までの3か月間の業績です。

※単位:$Million 2020年Q4 2019年Q4 増減率
売上高 $10,481 $10,773 -3.8%
営業利益 $1,293 $1,308 -1.2%
利益

原文はこちら

 

2020年Q3の決算情報

2020年9月27日までの3か月間の業績です。

※単位:$Million 2020年Q3 2019年Q3 増減率
売上高 $9,431 $9,761 -3.4%
営業利益 $1,084 $1,216 -10.9%
利益 $834 $913 -8.7%

事業セグメント別では、宇宙航空向け事業の売上高が昨対比-20.8%と大きく減少したものの、戦車や潜水艦事業が堅調に推移し、全体としては-3.4%に着地しています。

原文はこちら

 

◎関連記事

ボーイングの業績情報と最新決算情報

エアバスの業績推移と最新決算情報

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top