ボーイングの業績情報と最新決算情報

アメリカの航空機メーカーBoeing(ボーイング)社の業績評価です。

ボーイングというと民間航空機メーカーとしてのイメージが強いですが、大きく4つの事業ドメインを持っています。1.商用航空機、2.軍需・防衛(ミサイルや迎撃システム、軍事用航空機)、3.保守部品等のサービス部門、4.ファイナンスビジネスの4つです。

1916年に創業後世界中に展開し、1953年にはボーイング・ジャパンとして日本への進出も果たしました。

企業概要

項目
設立年 1916年
本社 アメリカ合衆国 イリノイ州
従業員数 約153,027
日本オフィス 東京都千代田区丸の内1丁目6−6

 

 

業績推移

直近のアニュアルレポート(年次決算報告書)より、売上高・利益・流動性・資産回転率をまとめています。

売上高(日本円)は各年年末時点での為替レートに基づいて計算しています。

 

売上高推移(日本円)

売上高・利益

当座比率・資産回転率

 

 

 

直近の決算情報

同社の直近の決算情報です。

2020年Q3

2020年9月30日までの3か月間の業績です。

※単位:$Million 2020年Q3 2019年Q3 増減率
売上高 $14,139 $19,980 -29.4%
営業利益 $-401 $1,259
利益 $-449 $1,167

事業セグメント毎では、昨年の売上高が$8249Millionの民間航空機事業が今期は$3,596Millionまで減少し、業績全体を押し下げています。軍需向け事業に関しても昨年比-2%と、マイナス成長です。

原文はこちら

 

◎関連記事

エアバスの業績推移と最新決算情報

GE社のセグメント別売上高 事業別、地域別売上高

 

◎関連書籍


 

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

Scroll to Top