クロックスの業績推移と最新決算情報

アメリカのカリフォルニア州に本社を持つCrocs(クロックス)社の業績情報です。

Crocsというと、ビビットな色が特徴的なサンダルが有名です。創業は2002年で、創業時に6色のクロッグシューズを販売し始めたのが起源です。その後はカジュアルフットウェアを中心としたシューズを世界中で販売しています。

直近のCrocs社のアニュアルレポート(年次決算報告書)より、売上高・利益・流動性・資産回転率を調べ見ましたので、企業研究の参考用として活用下さい。

企業概要

項目
設立年 2002年
本社 アメリカ合衆国 コロラド州
従業員数 約3,803
日本オフィス 東京都港区新橋6-19-13

なお国内では2010年にクロックス・ジャパン合同会社が設立されました。2019年末時点では国内に合計12店舗運営しています。

業績推移

下記がCrocs社の直近の業績情報です。

売上高推移(日本円)

 

売上高・利益

 

当座比率・資産回転率

 

直近の決算情報

2020年Q3の決算情報

クロックスの2020年9月30日までの3か月間の業績情報です。

※$Million 2020年Q3 2019年Q3 増減率
売上高 $362 $313 15.6%
営業利益 $72 $40 80.8%
利益 $62 $36 72.2%

2020年Q3は売上高が昨年比で+15.6%に伸び、営業利益・純利益共に好調に推移しました。

一方売上高を地域別に分析すると、アメリカ:+26.4%、アジア:-8.8%、EMEA:+15.7%と各地域間で売上成長率に偏りが見られます。

特にアジア地域においては昨年比-8.8%と大きく減少しました。

原文はこちら

 

◎関連記事

スケッチャーズの業績推移と最新決算情報

ナイキの業績と最新決算情報

 

◎関連書籍

 

 

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top