自動車業界の業績を散布図で比較

自動車業界12社の過去10年間の売上情報で分析した売上高と売上年平均成長率に加えて、利益率も指標に加えて分析してみました。

今回の調査対象企業は下記の12社となります。

 

・トヨタ(日本)
・日産(日本)
・ホンダ(日本)
・ゼネラルモーターズ(アメリカ)
・フォード(アメリカ)
・テスラ(アメリカ)
・ダイムラー(ドイツ)
・フォルクスワーゲン(ドイツ)
・BMW(ドイツ)
・PSA(フランス)※プジョー・クライスラー・シトロエン・ジャポンが経営統合
・ヒュンダイ(韓国)
・タタモーターズ(インド)

会計期間が各社で異なるのと、為替レートは各年末時点でのレートを利用しているので少し誤差が出ている可能性はありますので、あくまでトレンド分析として見て下さい。

 

自動車業界の業績比較

●縦軸:年平均売上成長率

●横軸:利益率

●各バブルの濃淡:売上金額の大小

 

大きく分けると3つのセグメントに分類出来ますかね。

・グループ1:タタモーターズ(低利益率)

・グループ2:テスラ(圧倒的高成長率)

・グループ3:その他10社(安定)

ただこのマッピングだと新興勢力のタタとテスラが外れ値でグラフを縦・横に引っ張るので、この2社を除いて再度表現してみました。

その結果がこちらです。

やはり、2大自動車企業のフォルクスワーゲンとトヨタは利益率・成長率共に強く、右上のセグメントに位置しています。

成長率だと、米GMとPSAグループが劣勢です。

 

◎関連記事

自動車業界12社の過去10年間の売上高推移を比較

航空業界11社の業績を散布図で比較

 

◎関連書籍


図解入門業界研究 最新自動車業界の動向としくみがよ~くわかる本[第3版]

 


2022年の次世代自動車産業 異業種戦争の攻防と日本の活路 (PHPビジネス新書)

 


成長力を採点! 2020年の「勝ち組」自動車メーカー (日本経済新聞出版)

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top