ボスコンvsマッキンゼー 売上高や人気度などを比較

就活中の学生や転職活動中のビジネスパーソン向けに、ボストン・コンサルティング・ファームに関する情報をまとめました。

今回は様々な情報源より情報を整理してボスコンを紐解いていきたいと思います。

 

ボスコンの一般情報

ボストン・コンサルティング・ファームの一般情報
正式名称 ボストン・コンサルティング・ファーム/Boston Consulting Firm
設立年 1963年
本社 アメリカマサチューセッツ州 ボストン
拠点数 世界50か国、90都市以上
従業員数 世界18,500人以上
年間売上高 約$7.5Billion≒\8000億程度
略称 ボスコン、BCG
株式公開 非上場

売上高8000億円というと、日系企業では旅行代理店のHISや、医療のオリンパスあたりと同規模です。また、ボスコンが本社を構えるボストン市は、実はボスコン以外に多くの世界的なコンサルティング企業が生まれた町としても有名です。ベイン・アンド・ブースやデロイトコンサルティングといったファームが、ボストンから生まれています。

 

日本国内の拠点情報

・オフィス設立:1966年

・拠点:国内3拠点。東京日本橋、愛知県名古屋、東京恵比寿ボスコンは1963年にボスコンで事業を開始し、今では全世界50か国にオフィスを構えるまで成長しましたが、実はボスコンにとっての支社の開設という点では日本が初めての拠点です

ライバル企業のマッキンゼーは1971年に日本でビジネスを始めていますので、日本でのコンサルティングビジネスの経験は他社より長いという違いがあります。

また、ボスコンの東京恵比寿の拠点はBCGデジタルベンチャーズと言われます。主にデジタル技術を活用し、新規ビジネスの創出を企画から実行支援までサポートするコンサルティング会社兼ベンチャーキャピタルです。世の中のデジタル化がより進み、ビジネスにおけるデジタル技術の活用が企業価値を向上させる時代におけるトレンドの1つと言えそうです。ちなみにアクセンチュアやデロイトも似たようなデジタルイノベーション施設を国内に持っています。

 

ボスコンの人気度を分析

Googleトレンドサーチでコンサルファーム4社の検索ボリュームの推移を分析して、ボスコンの人気度を確認してみました。

【分析1:企業名を日本語で検索】

【分析2:企業名を英語で検索】

企業名を日本語で「ボスコン」と検索すると、マッキンゼー含めて他ファームに比べて検索ボリュームは相対的に低いようです。

恐らくボストンコンサルティングファームを検索する人は、「ボスコン」や、「BCG」や、「ボストンコンサルティング」等と色々考えられるので、分散してしまうのも一つの要因として考えられると思います。

 

ボスコンの就活人気ランキング

就活人気ランキング2020年版の結果を分析してみました。情報源は下記3サイトです。
・キャリタス:ディスコ(株)
・みんしゅう:楽天(株)
・マイナビ

キャリタス
※上位200位内
みんしゅう
※上位200位内
まいなび
※上位100位内
188位 圏外 圏外

アクセンチュアやアビームといった企業は上位常連組ですが、ボスコンはキャリタス以外の2サイトで圏外です。

マッキンゼーも同じく圏外ですが、コンサルファームの中でも戦略系は敷居が高いイメージが強いのか、一般の就活生には敬遠されているのかもしれません。

また下記は東京大学・京都大学の学生に限定した人気ランキングです。

【東大・京大2021年卒の就職人気ランキング】

順位 業界 企業名
1 コンサル アクセンチュア
2 コンサル マッキンゼー
3 コンサル 野村総合研究所
4 コンサル アビーム
5 コンサル KPMG
6 コンサル ボスコン
7 コンサル ベイン
8 商社 三菱商事
9 商社 三井物産
10 コンサル デロイト

まず業界としてコンサルの人気が高いことは一目瞭然ですが、ボスコンは全体の6位です。総合ランキングでは高い位置にいますが、マッキンゼーには劣っています。

 

働きがいのある会社ランキングの結果

Fortune社は毎年「働きがいのある会社ランキング」を発表していますが、ボスコンのランキングは2019年で10位でした。人気の理由を表す従業員からの言葉としては、下記のようなものが挙げられていました。

・People:人
・Benefit:利益や恩恵
・Opportunity:機会
・Amazing:驚き
・bcg:企業名

「bcg」という言葉が入っているのは、ボスコンの文化のことでしょうか。

いずれにせよ、ボスコン社員は社内で一緒に働く「仲間」を大切にする傾向にあることが分かります。

Fortune社のランキングは働く人へのアンケートと、会社へのアンケートから成り立っているあたり、ボスコンは特に社会人から評価の高い企業であると言えそうです。

 


 


 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top