GE社のセグメント別売上高 事業別、地域別売上高

General Electronic(ゼネラル・エレクトロニクス)の事業別・地域別での業績です。

GEは天才トーマス・エジソンが創った会社というイメージが強いからか、個人的にヨーロッパの中でも超ハイパフォーマー企業の印象を強く抱いていたのですが、外資系企業の業績 総合ランキング結果!!では2020年7月時点で83位/85位と、自分のGEに対するイメージと実際の業績が大きく乖離していたので、改めてどのような企業なのかもう一歩深堀してみようと思います。

 

セグメント情報

まずはGEのセグメントは下記の通り大きく5つの事業セグメントで構成されます。

GEは今や「コングロマリット企業」と呼ばれる程様々なジャンルの事業に手を出しています。悪く言えば何でも屋なんですがね。

1.Power

2.Renewable Energy

3.Aviation

4.Healthcare

5.Capital

では、簡単に各セグメントの事業内容を見てみましょう。

 

1.Power

PowerはGEの中のエネルギー事業です。ガス発電、火力発電、原子力発電など「電気」の生成を通じて人々の生活を支えています。電気を売るのは電力会社が担っているので、発電用途で使われるタービンを作ったりなんかしていますね。

タービンは、ロマンを感じますよ、ロマンを。

 

2.Renewable Energy

再生エネルギー事業です。主に風力発電や水力発電など環境に優しいエコな発電事業です。

 

3.Aviation

航空事業です。航空と言ってもエアバスやボーイングのように飛行機の機体を作っているわけではなく、主に飛行機で使われるエンジンや部品の製造、システムの開発です。

 

4.Healthcare

ヘルスケア事業です。特に医療機器が中心で、超音波機器や麻酔器といった人の健康を支える事業です。

 

5.Capital

金融事業です。GEの顧客向けにお金を貸して企業の資金調達を支援する、イメージとしては銀行のような事業です。GEが何故金融を?と思うかもしれませんが、日本でも例えばスーパーの営業をするイオンがイオン銀行を立ち上げたりと、異業種が金融業に手を出すのは大企業ではよくあることです。

 

 

セグメント別業績

各セグメント毎での業績の推移です。

売上のパイの大きいPower事業が低迷しているのが分かりますね。

 

こちらが利益率の推移です。

2017年のCapital事業が大きな赤字を出していますが、Aviation事業とHealthcare事業は好調であることが分かります。

 

 

地域別業績推移

さて、最後に地域別の業績です。

北米からの売上高が一番大きくて全体の40%程度を占めています。

成長という観点ではアジア以外の国は前年割れしていますね。

 

 

まぁこう見るとそんなに業績悪くなさそうに見えるのですが、GEの業績を5つの指標で分析 競合比較や業績推移で分析した5つの経営指標で他の企業と厳しめに比較すると総合得点は3.6点と低めなんですよね。

以上。

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top