米系の航空会社5社、アメリカ財務省から資金調達 コロナによる流動性悪化で

アメリカ合衆国財務省は、米系の航空会社5社に対して資金を融資することで合意したと発表しました。

今回合意に至ったのは、「アメリカン航空」、「フロンティア航空」、「ハワイアン航空」、「スカイウェスト航空」、「スピリット航空」の米系航空会社5社。

アメリカン航空に関しては既に$4.75 Billion(約5,000億円)の融資を受けることを会社側も認めています。

いずれもコロナによって業績が悪化していて、その救済措置だと発表しています。

 

 

※原文はこちら

URL: U.S. Treasury Reaches Loan Agreements With Five Major Airlines

 

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top