ウォルマートの業績推移と最新決算情報

北米の小売チェーンのWalmart(ウォルマート)社の業績推移です。

 

【企業概要】

項目
設立年 1962年
本社 アメリカ合衆国 アーカンソー州
従業員数 約2,200,000
日本オフィス 東京都北区赤羽2丁目1

日本への事業展開は2002年です。西友社との業務提携を通じて日本進出を果たし、その後2008年には西友を完全子会社化しました。

国内ではあまり聞かないかもしれないですが、ウォルマートは「Sams Club」という会員制スーパーのビジネスも運営しています。

 

【業績推移】

売上高推移(日本円)

売上高・利益

当座比率・資産回転率

 

【直近の決算情報】

2020 Q3

2020年11月22日までの3か月間の業績です。

2020年 2019年 増減率
売上高 $133,752 $126,981 16.6%
営業利益  $5,778 $4,718 34.8%
純利益  $5,135 $3,288 37.4%

2020年Q3は増収増益着地となりました。具体的な金額は明らかにされていないですが、ウォルマートのEC事業は対昨年比で+79%蔵と大きく伸びていることを発表しています。

ドローンによる配送のパイロット・テスト(Zipline、Flyrtrex、Droneup)や、EV自動運転のパイロット・テスト、アマゾンの対抗策と考えられる配送料無料のWalmart Plusの発表等、2020年Q3も様々な新しい試みが発表されていました。

原文はこちら

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

Scroll to Top