C.H. Robinsonの業績推移と最新決算情報

北米の物流企業C.H.ロビンソン社の業績評価です。

C.H.Robinsonという会社は、物流の中でも3PL(サード・パーティ・ロジスティックス)を強みとする会社で、日本国内ではC.H.Robinsonとして事業をしていませんが、日系の物流企業「山九」と販売代理店契約を結ぶ形で関わっています。

2019年にはスペインに本拠を持つフォワーディング会社Space Cargoを買収し、フォワーディング事業の強化を通じた事業の多角化を加速させています。

同社の直近のアニュアルレポート(年次決算報告書)より、業績情報を抜粋しましたので、企業研究の参考用として活用下さい。

企業概要

項目
設立年 1905年
本社 アメリカ合衆国 ミネソタ州
従業員数 約15,262
日本オフィス ー(山九と代理店契約)

 

 

業績推移

下記がC.H.Robinson社の業績推移です。

売上高推移(日本円)

 

売上高・利益

 

当座比率・資産回転率

 

直近の決算情報

2020年Q3の決算情報

2020年9月309日までの3か月間の業績です。

※単位:$Million 2020年Q3 2019年Q3 増減率
売上高 $4,224 $3,856 9.5%
営業利益 $168 $201 -16%
利益 $137 $147 7%

2020年Q3は増収減益着地となりました。

同社の事業セグメントは、NAST(North America Surfae Trasport:北米向け陸運)とグローバルフォワーディング事業です。今期はSpace Cargo社の買収分が上乗せされた結果、フォワーディング事業が昨年比+39.2%と伸長しました。

原文はこちら

 

 

おすすめ経済本

医療、自動車、不動産etcの各業界が、テクノロジーでどのように変化しているのが、衝撃でした。「2030年には家が50万円で買えるようになる」、「先端テクノロジーのコンバージェンス」といった新しい概念を学べます。

Scroll to Top